浮上油の回収装置|エネルギー管理はBEMSに任せよう|ビルへの導入のために
レディ

エネルギー管理はBEMSに任せよう|ビルへの導入のために

  1. ホーム
  2. 浮上油の回収装置

浮上油の回収装置

作業員

回転装置で効率的に油回収

製造業や製油所では製造工程や作業過程で何らかの油を使用することも避けられませんが、酸化したり汚れたりして劣化した油は腐食しやすくなります。冷却水などに混合した油が腐食すると機械の故障原因にもなりますので、水と油とを定期的に分離させて油だけを回収しなければなりません。回収した老廃油は産業廃棄物として適切に処理され、リサイクルできる場合は中間処理施設で再処理後に利用されているのです。油は水に対して比重が軽いため水面に浮上する性質を持っており、油を回収する装置もこの性質を利用しています。オイルスキマーと呼ばれる浮上油回収装置にはスチールベルトなどの回転する部分があって、このベルト等に浮上油を付着させ回収するのが基本原理です。最も一般的なスチールベルトの場合は油が金属に付着しやすいという性質を活用しており、ベルトを回転させることで効率的に油を回収できるのです。オイルスキマーにはスチールベルト以外にも樹脂ベルトを使ったタイプや、スクリュー式・円盤式・チューブ式などいろいろな方式があります。ベルト等を回転させて油を回収する装置に加え、比重差を使って水と油を分離させるための装置も通常は欠かせません。

食品加工から精密部品まで

こうしたオイルスキマーは食品加工や自動車・金属加工といった製造分野で多く使われており、その適用範囲は精密部品加工から熱処理関係の工場にまで拡大しています。いずれの分野でも潤滑油や切削油といった油を多く使用するため、冷却水等に混入した油を適切に除去しなければ労働環境も悪化しかねないのです。オイルスキマーのメーカーではそれぞれに独自の工夫を凝らして製品を開発しており、浮上油回収技術も大きく向上しています。従来のベルト式オイルスキマーでは定期的なベルト交換も欠かせませんでしたが、最近では交換不要のタイプも登場しています。比重差分離装置を内蔵したタイプの製品や、そもそも分離装置を必要としない製品まで開発されるほど技術が洗練されてきているのです。そうしたオイルスキマーの最新技術を製造の現場に導入することで、より効率的に油だけを回収できるようになります。オイルスキマーのある工場は作業環境も清潔に保たれているため、従業員の健康面にも配慮した労働環境が提供されます。機械の円滑動作に欠かせない潤滑油も不要部分に混入することでトラブルの原因となりますが、オイルスキマーによる排除で機械寿命も延ばせるのです。