精密機械の製造技術|エネルギー管理はBEMSに任せよう|ビルへの導入のために
レディ

エネルギー管理はBEMSに任せよう|ビルへの導入のために

  1. ホーム
  2. 精密機械の製造技術

精密機械の製造技術

工場

ミリ以下の精度を実現

精密機械工業と言えば以前は時計部品やカメラ部品などの製造分野を意味していましたが、現在では時計やカメラに限らず多くの機械部品に拡大しています。さまざまな医療機器もハイテク化が進んで高い精密度が要求されるようになり、パソコンやデジタル家電などの電子機器も精密機械の一種です。いずれの精密機械も非常に微細かつ精巧な部品が数多く使われており、それらの部品に1つでも狂いが生じると機械全体の動作に支障が生じます。一般に精密機械は振動や衝撃に弱いと言われており、湿度などの気象条件によっても正確性に影響が出てくるものです。それだけ1つ1つの部品がミリ以下という精度で作られ、高度に進化した精密機械加工の技術が部品製造を支えているとも言えます。そのため精密機械に使われる部品は寸法に少しの狂いも許されず、常に厳しい製品チェックを経た上で出荷されています。信頼度の高いメーカーの製品ほど厳重な検査工程を敷いており、寸法の誤差は顕微鏡で見なければ発見できないほど微細なレベルです。機器メーカーの側でもそうした精密機械加工の工程から生み出される部品なら安心して使用できるため、信頼性が人気の高さへと直結しているのです。

金属加工技術の進歩

そうした精密機械を構成する金属部品の多くは、何らかの金属加工機械を使って特殊な形状に加工されています。代表的な金属加工機械としてはさまざまなタイプがある旋盤や、円盤・円柱状の切削工具を回転させて金属加工を行うフライス盤が挙げられます。かつては手作業で行っていた切削作業も、高い精度を維持するためにさまざまな工夫が行われてきました。旋盤やフライス盤の改良が進んだ結果、現在の精密機械加工ではマシニングセンターと呼ばれる数値制御式の工作機械が主流となっています。マシニングセンターは1台で複数の加工を可能とした点が画期的で、通常のフライス盤と比べても作業効率が格段に向上しました。工具の自動交換装置を持ち、コンピュータによる数値制御によって自動的に加工を行うのがマシニングセンターの大きな特徴です。製造や検査の各工程ではマイクロスコープと呼ばれる光学機械も多く使われており、ミリ以下の精度を実現するのに役立てています。検査工程に三次元測定機を導入している工場では、加工部品の精度チェックがさらに徹底されます。こうした最新鋭機器を導入している精密機械加工メーカーは、信頼性と低コストを両立させているのです。