男の人

エネルギー管理はBEMSに任せよう|ビルへの導入のために

精密機械の製造技術

工場

時計やカメラ・医療機器・パソコンなどの電子機器には、高精度を求められる精密部品が使われています。精密機械加工の分野では近年の技術進歩が著しく、ミリ以下の精度を実現させるためにさまざまな加工技術が開発されてきました。金属加工の分野でも、現在はマシニングセンターなどコンピュータ制御が主流となっています。

もっと読む

ビル管理の新しい流れ

ヘルメット

新しいビル管理の特長

ビルを建設し実際に利用を開始してから、その維持管理を行っていくことはとても重要なことになっています。その維持管理などを行っていく方法に、ITをうまく組み合わせて実施する方法が新しく注目されており、BEMSという略語で言われています。このBEMSはビルエネルギー管理システムの頭文字から来ている言葉で、運用面での管理のしやすさを目指したものになります。BEMSの主な特徴として、いろんな系統ごとに各種センサーを設置して、それらをネットワークで結んでリアルタイムで把握することできる点です。この特徴から今どのくらいエネルギーを利用しているのか、そして不具合があるのかどうかもすぐにわかるようになっています。こうした特徴がビルのオーナーなどに注目を集めており、それに応じて各社がBEMSの仕組みを商品化しているのです。

ビル管理の工夫点

ビルエネルギー管理システムの略称であるBEMSを導入するときには、工夫をしていく必要がありますが、ここでは既存のビルに導入することを考えていきます。まず最初にBEMSはセンサーをはりめぐらせることに、そのメリットを生かせるのですが、配管等に十分に空きがあるかを確認するのが重要です。これらの配管にセンサーを結ぶネットワークをいれることになりますが、もし空きがないようであれば、無線を使うことも工夫するポイントです。またITを利用することになりますので、既存のLANにうまく便乗させることも工夫ポイントになり、業者と話をするのも良いことです。このように今では普通で使われているITを利用することで、既存のビルにも導入しやすいのがBEMSなのです。

浮上油の回収装置

作業員

食品加工や自動車・金属加工・精密部品などの工場では製造工程で油を使用しますが、冷却水等に混入した油は腐食し機械の故障原因となります。水面に浮上した油を回収する回転装置として、オイルスキマーが多く利用されています。オイルスキマーにはスチールベルトやスクリュー式・円盤式など、さまざまなタイプがあります。

もっと読む

リサイクル可能な弾性素材

資材

弾力性を持つ素材としてはゴムが代表的でしたが、熱硬化性で架橋工程が必要なゴムに替わってエラストマーが注目されています。熱可塑性のため自由に成形できるエラストマーは、架橋工程が不要でコスト面でも有利です。ゴムと違ってリサイクルが可能な点もエラストマーの利点として挙げられ、多くの分野で需要が拡大中です。

もっと読む